■地下と地上の境界線

この写真集はタイトルが示す通り、地下の世界を撮影した作品です。

僕が感動したのは、地下の本編に入る前の導入の写真。

渋谷の川の景色が撮られており、地上と地下に境界線が見て取れる。


畠山直哉 underground

僕は渋谷区に住んでいたことがあり、この景色は毎日のように見ていた。

僕が毎日見ている全く同じ景色の写真が、写真集の中で新たな意味を付与されている。

同じものを見ているのに、何も手を加えずにただ撮った写真なのに、そこに意味や感動がプラスされている。

畠山直哉の表現は何て凄いのだろうと思うとともに、自分が新たな意味を付与する表現者になれていない事実に気付かされる。

畠山 直哉の写真には、僕たちが見ているものに、手を加えずに、写真に撮るということで新たな意味や感動が付与される。

Undergroundは現在は絶版となってしまっていますが、amazonで中古で購入が可能です。


Underground
メディアファクトリー
2000-06



保存保存保存保存保存保存